これからの街を考える

んで、朝はゆっくり起きました。

せっかく横浜まで来たのに…。との思いもありますが、体調と相談しての判断です。


9時にチェックアウトして、出ようとすると、「今日は特別サービスでコーヒーいかがですか?」とスタッフのお姉さんに声をかけられ、ついつい1時間も話し込んでしまいました。σ(^_^;

話の中心はこれからの街づくりを考えるというなんとも「あかでみっく」な内容。(笑)

私が宿をとった横浜中華街裏手の地区はもともと出稼ぎ建設労働者がたくさん住んでいたところだそうで、話を伺って合点がいきました。

古いマンションを改築したホステルタイプの宿。部屋は3畳で寝られればOKという簡素なスタイル。

昔、労働者の方が住んでいた部屋をリフォームして経営なさっているとか。

そういえば1階2階はお年寄りの独身と思われる方々が住んでる?っていう感じ。

昔は治安もよくなく、悪いイメージがあったそうですが、大都会横浜、東京を作っていったかつての人々が住んでいるという、息づかいを感じました。

問題は高齢化と人との繋がり。

話題は「限界集落」や「地域コミニティの崩壊」にまでおよびました。(ってか、この問題定義をしたのは私でしたが…。苦笑)


この地域のイメージを変えて若い人が行き来する活気ある街にしよう!というのがこのホステルのオーナーさんの考え方だそうです。

「えっと、愛媛の三津浜ってところも取り組みをしているんですよ…。」とお姉さん。

おっとそれはマズいよお姉さん…。さらにトークの燃料投下でっせ!(笑)

三津浜も昔は松山の外港として隆盛を極めていた時期があります。日本最初の軽便鉄道「伊予鉄道」がこの三津浜と松山市内を結んだのが何よりもの証拠。

鉄道を先駆けて建設するお金があったんですよ。あの頃の三津浜は。

また、現在、空き家となった民家はどれもサイズが大きく、中には庭園を備えるものも。

そこをリノベーションして生かそうとする発想には大いに賛同。


話はもとに戻りますが、旅での一番の楽しみと収穫はこのような地元の事情を知る人と話すこと、ですね。

そして街の佇まいをよーく観察する事。
行き来する人々の姿そのものも…。

こんなページを見つけました。
http://koto-buki.info/kotobukicho/history.html

歴史的な街の成り立ちと諸問題が見えてきて、とても勉強になります。


内容がコチコチの記事でスミマセン。σ(^_^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか勉強づいてますね(笑)
そっか、そういう理由だったのですね~
さて、今はどの辺迄帰り着きましたか?
無事にお家迄たどり着いて下さいね~
お家に帰り着いて寝る(本当か~)迄が遠足ですからね~
途中で力尽きたら先生怒りますよ~

Re:

ハイ、分かりました!るり先生!!

無理はしませんっ!

今日はお約束していた方と江の電巡りでした!ちょっとビール飲んで上機嫌。

しっかし湘南も人が多いのなんの!σ(^_^;

あと予想以上に電車のスピードが速かった!

「電車でGO!旅情編」でかなり江ノ電の乗務はこなして予習していましたが、ゲームだと速度超過で減点ですねぇ。(笑)

今は名古屋のネットカフェ。

明日は貸しレも行くと思うので、車両整備をこれからやりますっ!(*^^)v
プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
450位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる