FC2ブログ

東予地域文化祭(6)

東予地域文化祭、6回目の記事になります。

松本零士さんがデザインしたといわれる、ヒミコ!

作者のTさんの作品は、そのスケールの大きさとスッキリとした情景のまとめ方に特徴があると感じています。

 

ものすごい数の窓は1つ1つマスキングして塗り分けたそうです。とてもキレイに塗り分けられています。豪快な波しぶき最高!

 

船はもちろんのことですか、水面の表現もとてもリアル!

いつも木工用ボンドを使っていらっしゃるとか。

 

水面の表現にはメディウムとかリアリスティックウォーターを用いるのがベターと思っていた私なのですけれど、本当にこれは脱帽モノでした。

木工用ボンドでここまでリアルにできるのなら、「木工用ボンドで充分じゃん。」と思わされました。(^^ゞ

  

 

この変電所は元のキットいくつ使用したのでしょうかね…。

かなり大きく作られています。

実際にはこれぐらいの規模のモノが多いようですね。

 

 

川の隣の駅はトミックスの木造駅舎が。レイアウトプラン集を眺めてニヤニヤしていた子どもの頃を思い出します。

 

駅舎周りもとてもスッキリとしています。

「あれ?Tさん、腕があるのに、なぜ、もっと作り込まないの?」と言う話も聞こえてきましたが、「バスや車を自由にたくさん並べられるように、あえて白線などはしつこくならない程度で…。」とのお話でした。

なるほど、それはそれでアリですね。また、どんな車やバスを置いても違和感を感じないように、あえて場所を特定できるような表現は避けたという考え方です。 

 

これは某鉄道模型チェーン店の貸レイアウトにも見られる特徴。

 

私も本線レイアウトの手入れをしている時に、どんな車両を走行させても「違和感を感じない」作り方は大事だよなぁ、と思っていたところでした。

 

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6376位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
804位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる