スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作に向けて…。

  

自作のストラクチャーをバリバリ作っています。

 

 

これまで製作したキットやプラ板の切れ端ばかりで作ったケチケチ仕様です。(^_^;)

 

 

松の木が我が家にもありますのでそれを見ながら、再現してみました。

 

 

こちらはやや近代的な住宅をイメージして作っていますが、一部はGMのキットからなので、少し古い感じもしなくはない?

 

一日一つのペースでやってるますが、結構骨が折れます…。(´д`|||)

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変ご無沙汰しております。相変わらず精力的な活動をなさってますね。
自分はというと、このところ模型誌を眺める日々が続いていました。
そんな中、TMS誌でみぬ鉄さんの名前を発見しました!
記事になるといいですね。
また「やる気スイッチ」をいただけた感じです。
自作が多いストラクチャーの新作期待しています。

Re: No title

まさぼうさん>
努力賞では…。
恥ずかしくて何も言えなくて、黙ってました…。(^_^;)

まだ未公開のモジュールがそこそこありますので、今年の文化祭はそれを手直しして出品の方向でガンガンいるところです。(汗)

こんばんは

みぬ鉄さんこんばんは〜
相変わらずの製作パワー素晴らしいです!

自作ストラクチャーいいですね。
いらないのがあったら・・・
送ってくださいませ(笑)

Re: こんばんは

アトリエ森爺さん>
レイアウトコンペ入賞おめでとうございました!
やっぱりさすがですね!
記事を拝見して、やはり細部の表現の技能がずば抜けています!

住宅づくりは…。特にプロトタイプもない適当な工作です。

本当は室内の部屋割りなども詳細に渡って検討しないといいものにはならないのですけどね。(汗)

松の木だけは自分の中でも、ヒットだったかなぁ。(笑)

みぬ鉄さんありがとうございます!
やはり、あれはみぬ鉄さんでしたか。
みぬ鉄さん、おめでとうございます㊗️!

和風住宅の窓は一階はGMキットのままのようにお見受けしました。
二階のサッシ窓はどのようにお作りでしたか?

ぜひ教えてくださいませ〜

Re:

アトリエ森爺さん、ホントにGMのまんまでしょ?自分でもダメダメやなー。って。
他の部分(サッシ)は0.5プラ板、0.3プラ板の積層です。

手切りでガタガタです。(滝汗)

みぬ鉄さんこんばんは

ふむふむ、二階は自作ですか、
スゲ〜!
サッシとかいいですね。

家庭菜園らしきネットは何利用ですか?
わ〜。ワクワクします(笑)。
全然、GMっぽくないですよ!

なるほど、窓は厚み違いのプラ板ですか。
って、どのようにお作りなのでしょうか?

みぬ鉄さんの建物工作楽しいですよね〜。

Re:

アトリエ森爺さん、緑のカーテンはウチの親父の趣味でして、それを再現してみようかと思ってまして。
単純に網戸の網を塗装して切っただけです。(^_^;)
サッシは適当に鉛筆で線を引いて、カッターナイフで…。って普通ですね~。とりあえず四隅にピンバイスで小さな穴を開けて、四角いフチと対角線に切れ目を入れます。そうすることで、少しは楽にカットできます。
釈迦に説法、たいしたテクニックではないですね…。(滝汗)

みぬ鉄さん
こんにちは〜、ご指導ありがとうございます!
ご謙遜おやめくださいませ!!
なるほど〜。窓工作はまだやったことないので勉強になりました!

網戸の網が緑のカーテンとは素晴らしいです。
ぜひ、いただきま〜す(笑)。

ところで、出窓も自作ですか?

Re:

アトリエ森爺さん、出窓の件ですが、もしかして空色の屋根の建物の方ですかね?
それでしたら、夕焼け下町商店街(クリーニング店)の2階部分をそのままカットして取り付けたものですね。

使える物は使おうという作戦です。

この商品、そこそこ風情はあるのですが、1階部分がシールで再現という代物なんですよ。

なんでちょっとそのままでは使えないと思いまして…。(^_^;)
プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
790位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。