スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水路の研究は続く?

模型ネタではないようですが・・・。
家の近所にある水門です。
ここから家の前を流れる川へと水路は続きます。
田植え前の農繁期には堰を下ろして水をため、水田へと水を導きます。

この手の水門はいたる所にあります。みなさんのお宅のお近くにもあるのではないでしょうか?




次の写真をご覧ください。川へと水が流入しています。ここが先ほど述べた水門からの水の流れです。
写真でもお分かりのように、河岸段丘になっていて、山手から流れてくる水は川と並行して走り、小さな谷に当たって川へと流れます。この手の研究は地理学研究の中でも「水文学(すいもんがく)」というそうです。
かつて大学で講義を受け、大変関心をもちました。地形図に山の尾根と谷の底を記入すると、その土地の起伏が手に取るように分かります。コレを模型でもリアルに再現できないかな?と思うのです。
DSC_0006.jpg



DSC_0011.jpg

いろいろな方向か水が流れ込んでいます・・・。

DSC_0013.jpg

用水路にはこんな生命体も!なんと近くに4匹もいました。(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ばっ地理

こんばんは。

こういう巡検は楽しいですよね。
学生時代を思い出し、懐かしくなります。

と言っても私も最近みぬ鉄さんと同じことをしてます(笑)。

我が家の近所の水門は川に行かないとなく、水田では見られません。

地形や地域の差を見つけるのも面白いですよね。

余談ですが、今年のJAMは行かれますか?私は金曜日に行きます!

ご訪問ありがとうございます!

アトリエ森爺さん>

こんばんは!

あれ??

米どころ宮城に水門がない?ですか~。ちょっと驚きです。
JAMはなんとかして行きたいと思っていますが、金曜からはスケジュール的にキビシいかもです。

是非ともお会いしたいところではあるのですが…。σ(^_^;
プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
762位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。