蔦、のようなもの。【マツダスタジアムモジュール】

大州貯留池管理棟。

 

クリスマス飾りからぶんどってきたドライフラワーやライケン、ミニネイチャーなどで、蔦の表現を施しました。

 

実物はもっとハゲしく蔦に覆われています。

マツダスタジアムから遠目に見える「広島貨物ターミナルの詰所」ですが、一から作るのがめんどくさいので、昔(中学生頃?) に作った詰所を解体してリフォーム中です。

そもそもがボール紙とひのき棒で作られたこのストラクチャー、壁の表面がボコボコでして、パテで修正するも、限界が…。しかも歪みの補正が厳しい…。(^_^;)

 

それでも昔のものを生かしたいと…。

使えそうなものは「捨てない」と言うのがウチのポリシーですから。

 

間取りも実物とは少し違いますが、雰囲気だけは出せるかな?と考えています。

山陽本線下り線の高架橋と橋桁も必死でやってますが、まだまだですね。

大問題なのが、広島貨物ターミナルとコス○コとの敷地の間隔。

やっぱり実物はもっと広大ですね。(´д`|||)

完全にナメてました。

コス○コを3分の1ほど切断してずらし、貨物ターミナルの敷地と山陽本線下り線、道路の幅を少しでも実物に近づけられるようにしたいと検討中…。(´д`|||)

先はまだまだwww。

長いですねェ。(;つД`)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

蔦の感じいいですね♪

蕀の道とは言え、恐ろしいスピードでサクサクと進んでますねぇ(驚)
その早さ、見習いたい…(´;ω;`)

こちらは、先日のイベント直後からもうひとつミニパイクを製作中なのですが…
ベースとなる土台(踏み台)の塗装で四苦八苦しております(涙)
土台の塗装を終えたら製作に掛かるので、完成はいつになるやら?

Re: 蔦の感じいいですね♪

丹波黒さん>
サクサク進んでいるように見えるのは、そんだけ仕事休んで、時間があるということですね。(笑)

まあ、進めるのは今しかないので、とことんやります。

でも、「こんなもんでいいかぁ。」で作業を進めると、それだけ質が下がりますね。(´д`|||)

せっかく貴重な時間・金・手間をかけてやるわけですから、それなりに「いいもの」にしたいですしね。(^_^;)

作業ですが、再現したいイメージがはっきりしていると、手順もはっきりしてきて、一気にガッ!と進むみたいです。

行き詰まったら、とにかくGoogleマップで現地の様子をひたすら見るようにしています。

そちらもガッ!と頑張ってくださいね~。

きっとまた、見に行きます!(^o^)v

No title

ご無沙汰しております!!

こんにちは~。
あまりの多忙でこちらご無沙汰しており申し訳ございませんでした。

いよいよマツダスタジアムに取り掛かられるのですね
(って、時代遅れ的なリアクションになって申し訳ございません)

ツタの表現、いいですね!
これはどのように表現されたのでしょうか?

今、最新のブログからさかのぼって拝見しているので、
愚問かもしれませんが・・・。

Re: No title

アトリエ森爺さん>
ご訪問、コメントありがとうございます!
情景の師匠様にお答えするのは恐縮…。ですが…。(^_^;)

まず、クリスマス飾りについていた「ホウキ」のようなものからドライフラワーの部分をカットし、ツルを表現しました。

そしてライケンの目の細かい部分だけ摘み取り、チョン付け。

間を埋めるように、ミニネイチャーの「すずめのかくれんぼ」を敷き詰めるような感じで接着しました。

そのままでは色のトーンがバラバラですので、アクリルのグリーンで、夏の盛りの雰囲気が少しでも出るように工夫しました。

これでも正直、自己採点で70点くらい ですね~。

完璧な蔦の表現ってNサイズでは難しい?

よい作例も、検索してもあまりヒットしませね…。(汗)

アトリエ森爺さんでしたらどのように表敬なさいますか?

こちらが教えて頂きたいです~。

No title

こんばんは~

なるほど~ありがとうございます
フムフム
ツルになる部分と葉の部分で材料が違うのですね!!
それは思いつきませんでした。

ツタに覆われた建物の再現、
正直全然思いつかないです(涙)

NOCHでエンドウ豆という製品があるので、
それが使えるかどうか・・・
まったく見当がつきませんゴメンナサイ

Re: No title

アトリエ森爺さん>
ノッホのエンドウ豆ですか…。
後でチェックしてみますね。

最初は100均のパンチで楓の葉に近いものがあったので、検討していましたが、大きすぎるために諦めました。(ひまわりなどの巨大な葉には最適です。)

いろいろと表現方法を工夫していますか、自分の経験値だけでは限界があります。

多方面から知識や技術を仕入れることはとても大きいと思っています。

お気づきの点がありましたら、ドンドン突っ込んでやっててください!

特にアトリエ森爺さんのようにたくさんの経験を積まれた方からのご意見はとても勉強になります!

よろしくお願いいたします!m(__)m
プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
641位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる