スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キハ40広島更新車の製作「更新窓枠の取り付け」



更新窓枠はキッチン製のものを使用します。まずはカッターナイフで切り出して・・・・。

切除した跡の部分を丁寧に電動ルーターで削ります。この作業はとても細かいですが細心の注意、というか持てる技術全開の気持ちでやります。(^^;)))

それは更新窓枠というのがこの車の一番の特徴でもあり、仕上がりの正否を分ける作業ですから。

ここまでの作業でも結構時間をかけましたが、その更新枠を一枚一枚丁寧にゴム系接着剤で車体に接着していきます。

hiroshima40_013.jpg

窓枠に付ける接着剤は多からず少なからず、というか、多いのは車体にはみ出すので、「絶対ダメっ!」って感じで付けていきます。


割り箸に両面テープを巻き付け、窓枠を1枚ずつ固定→爪楊枝でゴム系接着剤を微量に付けて車体に押しつけ→ビミョーな位置あわせをして接着。という作業の繰り返しです。

もし接着が甘くても、「やり直していけばいいや」と言う感じでやってます。何がともあれ、車体を接着剤で汚さないことが最優先です。それでも車体にはみ出した接着剤は早めにカッターナイフと指先でちょこちょこ引っ張り出して除去します。

骨の折れる作業ではありますが、案外と私には苦にならない作業です。かの1608LEDのハンダ付け作業、配線作業なんかに比べたら何でもないですね。(^_^)vなぁんて豪語してみる・・・。


hiroshima40_010.jpg

写真で見ると、接着剤のはみ出しでまだ見苦しいところがありますね・・・。除去!除去!

ここは納得いくまで作業します。

ちなみにこの更新窓枠、一番小さい窓枠は車体と少し幅が合いません。詳しく言うと車体の方がやや狭いようです。窓ガラスを入れた後にどうするか考えます~。

また、更新枠の塗装は車体への接着後に「気合いを入れて筆塗りでやる!」ということでお許しを!(私の場合はその方がうまくいくように思えまして・・・。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひゃ~

筆塗りですか~
頑張ってくださいね~

リターダー?沢山入れても綺麗になんないんですよね~あたしの場合(苦笑)

そう言えば…

るりさん>

かなり前から、エアブラシの時はクレオスのレベリングうすめ液を使用しています。

なんでいいのか分からずに…。ですが。(^_^ゞ

リターダと同じ効果があるようですね。どおりで塗面がきれいに仕上がる訳ですね〜。

普通のうすめ液と比べ仕上がりが格段も違うことは実感していましたが、その訳自体はな〜んも考えていませんでした。さっきググって初めて知った次第です。

なんともお恥ずかしい話です〜!(苦笑)

No title

筆塗りですか~
と、ルリさんと同じになってますが(笑) 私なら・・・多分・・・塗装しないかもヽ(;´Д`)ノ

亀レスすみません!

mitorinさん>

亀レスすみません!

一つ大きな仕事を抱えておりまして。

更新窓枠、実車を見た感じではクロームシルバーなんですよね。

このままではステンレスシルバーになっちゃうんで、どうしても感じが違うんですよ…。

明日は模型曜日。

とどめの仕上げ、ガンバります!
プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
703位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。