ナイトな作業開始!

るりさんから依頼のあった車の整備です。

不動のマイクロ動力、これから整備点検します。
いっぱいやりたいことはあるのですが、どうしてもこれだけは気になったので…。

やっぱり期待通り?(笑)

ウントモすんともいいません…。

まずは分解して原因究明を進めますね~。

原因が分かったらまた報告記事上げます~!


で、追記。

あ、コレは…。
台車外したら…。集電板酸化してますね~。

コレを磨けばなんとかなるかも。

ただこの手の集電板は磨いても定期的に分解整備が必要な可能性が高いんですよ。(半年に1回?ウチも同様の経験アリ。)

あとは完全に分解して肝心要のモーターが生きているかチェックです。

コレが死んでいたら整備なんて意味がないですからね~。

死んでいたら鉄コレ動力にでも換装を考えた方が賢いと踏んでいます。σ(^_^;

追記2!
コレ…。
走行歴もかなりのものかと。
貸しレや展示運転でガンガン走ってたかも。ですね。

モーターがかなり熱をもっていたかも。
絶縁のビニールが溶けてパリパリ~。

まだこれは想定範囲内!ダイジョウブ!
問題がこれぐらいなら「みぬ鉄車両課」は見事に整備して差し上げましょう!(自信アリ。)

ただ…、モーター死んでたら話は別ですが。

追記3!
モーターは生きていますね!ホッとしました。これならほぼ100%復活させてみせますよ~。動画はこちらで!
[広告] VPS


集電板はこのように。
磨いた側は左側。施工前の右側と比べたらよくお分かりでしょう。

あと、この手の走行ガンガン系車両は絶対ココがヤバいはずってのが次の写真。

台車のピボット受け。ここが汚れていると絶対走らない!
マイクロ車の走行不良で一番よく整備頻度が高いのはココなんですよ~。

追記4!
調整運転終了~。ふぅ~。とりあえずスローも効くまで回復しました。

予想通りの展開。
基本的な原因、ガンガン走行によるモーターの加熱による集電板の劣化、ズバリサビつきですね…。
走行不良でさらに高電圧、高速走行で状態悪化とみています。σ(^_^;

走行動画はこちらです~。
[広告] VPS
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あら~、元の持ち主(苦笑)の保管状態が悪かったんですね~
もしかしたらヘッド&テールも?
JRの方も怪しいのでチェックして下さいね~
パンタも破損していたし~、保管状態が悪い子が沢山(滝涙)
そだ、同じ有井の岳南5000系も送りますので整備お願いしますね~
やる気が起きたらオデコの所に通過表示灯を追加してもらえますか~
そして点灯化も・・・・なんて贅沢なお願いしたりして(東急化の為)

Re:

るりさん>
ブログの記事、追記を重ねて、京王1000系が甦る様子がおわかりだと思います。

マイクロ車の動力はその構造上、分解などにコツが要ります。

今回のような整備は簡単にできますので、遠慮なく送ってくださいね~。

点灯化改造は配線や導光に案外と難しく、苦手です…。ジオラマの電飾のようにはイキませんね~。

時間がかかってもよいのなら、お受けしますよ~。(最悪失敗事例もありますけど…。σ(^_^;)

こんにちは、横から失礼します。

私の経験からすると、マイクロエースの集電不良の原因はギアから廻ったグリスが経年劣化するからです。油は劣化すると酸化して、銅合金を錆びさせます。錆びた状態で運転を続けると、集電板のみならず、これと関係のない車輪路面でもスパークが飛びやすくなり状態が悪くなるようです。

整備されたときに劣化したグリスをぬぐいウオームのみタミヤセラミックグリスを塗布すれば再発はないでしょう。タイヤ路面が荒れているならコンパウンドか歯磨き粉を付けたティッシュで軽く磨くといいでしょう。また、埃を呼ばないためにも接点部分と軸受にグリスは不要です。

私の場合、一度この整備をしてからは、ほとんどのマイクロ動力は10年以上快調です。ただ、完全なグリス切れが起きると異音がしますが・・・

ふたたびこんにちは、投稿してからちょっと不完全なところがあったので、訂正・追記させてください。大スケ兵衛さんもご存じで気づかれていることがもしれませんが、

酸化で問題になるグリスは、マイクロエースの動力車についていたものだけで、タミヤセラミックグリスは問題ないです。グリスの含有物が原因と思われますが、最近ではちょっと良質になった気がします。

また、ウオームよりウオームの軸受がグリスを必要とします。ここのグリスが切れると異音が激しくなるようですよ。そういった意味では、定期的にメンテナンスが必要ですね。

また、マイクロエースは、メカイス取り付け後は、台車を嵌め込みにくいものが多いです。その場合は、写真のウオーム受けとメカイスの間にハンダを挟み込み、そこで押し込むと嵌ります。ハンダは柔らないので、その後に抜けます。なんか、かえってわかりにくくてすみません。

すご~
完璧に動く様になってるじゃないですか~
流石みぬ鉄さんですね~(笑)
ありがとうございます。

次回は予定どうり岳南5000系をお願いしますね~(笑)
そそ、JRの子もチェックしておいた方が良いかと?


>へのへのもへじさん

色々と教えて頂きありがとうございます。
でも悲しい事にあたしにはバラスだけの技術無いのですよ~
バラス=破壊するになっちゃうので(滝涙)
性格的にも向いてないかも(苦笑)

大スケさん

今回モーターが生きていたとのことですが、
マイクロのモーター(マイクロ以外も)など動力系パーツは使う当もなく手元にありますので、困ったものがあれば言ってくださいね。


るりさん
初めまして でしょうか、大スケさんのコメントの場でご挨拶というのも失礼かと思いますが、よろしくお願いします。

私も昔はいろいろと失敗続きでしたよ、今では大抵のものは分解整備可能ですが、新製品はパーツが細かく壊れやすくて怖いです。

まあ分解の必要性も限られてきていますので、みなさん得意なことで助け合って楽しむのが一番いいのかと思いますね。私は仕事柄電気物はわかるのですが、工作があまり得意でなく大スケさんや他の所のみなさんに教わっているところです。

また、青カエルの通過表示灯ですが手持ちの東急(TOMIX)のものはレンズはあるもの点灯しないようでした。点灯するものが光らないとちょっと物足りなく感じてしまいますね。

Re:

へのへのもへじさん>

いわゆる「中華油」が原因ですか~。酸化や腐食の因果関係も納得です。より分かりやすい解説ありがとうございます!

もとのグリスを完全に除去し、タミヤのグリスを代用する方法は存じておりました。ウチも四国系車両は展示運転などで酷使の傾向ですので、同様な整備はパッチリやっております。今回は特別にこのような方法は用いていませんが、後々のためにも手を入れたいと思います。

風邪をこじらせしまい、コメント返信遅れましたこと、お詫びいたします!m(_ _)m

Re:

へのへのもへじさん>
台車の取り付け方法、面白いコツですね。
私も取り付けてみたけど、斜めのままでうまく走行しない、という経験を数多くしましたよ…。

ここの取り付けは渋いですから、確実にはまったかどうかよく確認するように心がけています。σ(^_^;

Re:

るりさん>

このような分解整備はしょっちゅうですので、「走行不良のジャンク車」と聞いたらどうなっているかワクワクします。σ(^_^;

東海の313系は片側の台車の集電スプリングがありませんでした。多分、トミックスのものをはめれば問題なく修理できるかと思います。

ウチのもモデモ製品ですので、予備車として、また増結用としても助かります~!
プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
825位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる