スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の落とし穴【18きっぷ冬の旅】

翌朝、7時頃まで寝ていて、旅の続きをどうしようか思案…。

「やっぱり帰って製作したい~!」

と言う気持ちが強く、愛媛への長い長い帰路につきました。

熱海の待ち合わせ時間で「家康の湯」。

ワンパターンになってきましたが、旅で知っているところが一番落ち着きます。

一泊宿泊費を浮かす訳ですから、少しくらい贅沢しても…。

はい、「東海道新幹線」ね。

18きっぱーにとってはものすごい贅沢なのですよ。

熱海から豊橋まで6000円弱。

「あ、機関車一両買えたかも。」って考えてしまうところがケチケチなのです。

よくよく考えると、旅先でも食費はすべて一食500円以下で抑えてきました。

事後談ですが、嫁さんには「あんた本当にバカね。遠いところに行ったら、たいていは美味しいもの食べて来るもんでしょ?!なか卯や吉野家なんて、何考えてんの?!もったいな~!」と言われました。

 

でも、これだけは「ええねえ。」と。

富士山!

これまで、まともに見たことはなかったんですよ。本当に。

 

あとはずーっと寝てました。ボケーっと。

決して疲れていた訳じゃないんですけどね…。

んで、最終章。

姫路~岡山へ向かう列車が…。

 

和気駅で2時間停車!

沿線火災で運転見合せとのこと。

岡山からのマリンライナーは到着して、待ってもくれずにすぐ出発。

でも、なんとか日付が変わるまでに坂出に到着できました。

 

新幹線に乗ったからなんとか帰れたのか、それとも乗らなくても結果は一緒だったのかは不明です。(^_^;)

 


にほんブログ村

スポンサーサイト

雨の伊豆急行線【18きっぷ冬の旅】

東京に到着して折り返し熱海へ。

風か強くて帽子が飛ばされそうな荒れ模様でした。

 

伊豆急行8000系は熱海から伊東まで乗車。

そのあと、「黒船電車」を待ちます。

「黒船電車」は運よく最前列に座れました。

でも、展望を楽しむのなら、2~3列後ろの席でもよかったのかも?!

 

せっかくの展望車なのにあいにくの雨、そして睡魔が襲ってきました。(´д`|||)

 

結局、下田までの間、半分くらい寝てしまいました。

あー、もったいない!

下田では改札を出るも、雨と寒さで結局すぐに折り返し。

復路はラウンジカーに乗車しました。

トンネルに入るとこんな粋な演出が!

ようやく晴れ間が見えてきて、虹が見えました。

そのあと東京、秋葉原で今後の製作に必要なパーツ類を調達。

 

東京にも高架線の下に建物があるのですね。大阪などの関西だけかと思っていました。昭和なニオイがいいですなぁ。

 

調達したものはたいしてご紹介できるものはないです。(^_^;)

この日は秋葉原のゲストハウス(カプセルタイプで1泊、2000円也)に宿泊。

 

もう、この時点で「製作したい病(爆!)」を発症。確か前回も「早く帰りたーい」って、どこにも寄らず坂出まで帰ったのよね…。

 

嫁さんには「あんた、まっすぐ帰ってくるなんてバカじゃないの?ドヤ顔で『汽車旅ってのはなぁ、いろんなところに寄ってゆっくり旅するのがいいんやで。』って言ってたのは誰なん?」って言われた記憶が…。(^_^;)

 

それでもやっぱり模型いじりがしたくてたまらなくなり、最終日は自宅に向けて直帰となるわけですが、最後の最後で大きなピンチが待ち受けているのでありました…。

 


にほんブログ村

彦根では…。【18きっぷ冬の旅】

 

18時半ごろに到着。

ひょっとしたらイケるかも知れないと思い、ライブスペース「和」さんに連絡。

無理を言って1時間だけ走行させていただきました。

「和」さんは5年ぶりぐらい、2回目の利用だったのですが、「前回もこれぐらいの時間にお越しでしたよね?(笑)」と店主様に言われました。

 

もしかして…。私のこと覚えていただいていたのでしょうか…。(驚)

 

 

ここは言わずと知れた巨大レンタルレイアウト。

伊予灘ものがたりくらいの短い編成はすぐに見失います。(笑)

 

ここのスゴいところは巨大なのにも関わらず、走行がとてもスムーズなところ。線路の手入れと通電確保の手だてがかなり行き届いていますね。

 

ウチのレイアウトの規模ですら、電圧降下をはじめとする通電不良が頻繁に起こるのに、どうやって整備しているのか、ものすごく興味を持ちました。(^_^;)

 

線路と走行する車両が主役とはいえ、情景もなかなかのものです。

 

目の前に上野の「西郷さん」。

 

まだ製作中のようですが、このカーブはバスコレ走行用の道路を自作されているのでしょうか?

 

最近では路面電車線やバスコレ走行線なども完備しているレンタルレイアウトも多いようです。

私も欲張ればキリがありませんが、路面電車線ぐらいは本線レイアウトに確保したいなぁ、とつくづく思いました。(^_^;)

そのあとは「ムーンライトながら」に乗車。

いよいよ上京です。(^_^;)

 


にほんブログ村

まずは大阪【18きっぷ冬の旅】

いつもの通り、坂出駅に車を入れて、始発のマリンライナーに。

 

大阪までも、「いつものパターン」。

通天閣って、60周年?!

 

大阪亀屋さんの開店時間にもドンピシャ。これも「いつもの通り」。

旅先でも触りたくなるという…。

 

キハ65の室内灯が今一つきれいに点灯しないので、分解してみると、集電スプリングが老朽化で硬化してました…。(^_^;)

気を取り直して、いろいろ走らせます~。

ひとり旅で好きなことに没頭しています。

外では新しい大阪環状線の車両が走り始めたようですね。

 

「家でも楽しめるじゃん」、と思わない訳ではないですが、やはり上質な時間♪

亀屋のスタッフさん、いつもありがとうございます!

あとはジョーシンのキッズランドでパーツ等を仕入れました。

レールクラフト阿波座の「京とれいん」の室内グレードアップパーツも。

なんか、もう買い物は十分って感じ。(^_^)

にほんブログ村;

久しぶりに出した車両を…。【JR四国キハ58四国色の手入れ】

とても調子の悪い、「クソ動力」の部類ですね。(´д`|||)

いきなり下品な言葉でスミマセン…。



この「よしのがわ」のキハ58は本当に走行に難があります。

何度バラして調整しても、すぐにギクシャクします。それどころか、本線のいたるところで立ち往生…。ヽ(`Д´)ノ


そんなこともあって、以前にこんな加工も試していました。



台車の集電板を少しだけ車輪の裏に当たるよう、外側に向けて曲げてあります。


ただ、曲げ過ぎると転がり抵抗が増し、走ることは走るのですが、ギアのギーギーいう音が大きくなります。そしてモーターに過大な負担を強いることになります。

 

実際、数周走らせただけで、モーターがものすごく熱くなってしまいました。その熱さはあまり経験したことのないくらいの熱さで、よく車体が熱で溶けなかったと、ビクビクするくらいでした。


なんだかんだとブツブツ言いながら、分解しては組み立て、また分解して…。


結局、集電板を元の状態に戻して、走行チェック。

 

やはり、コーナーの走行が不安定になります。車輪から台車集電板にかけての通電不良は間違いないと見て、他の車からゴム無しのギア付き車輪を取ってきて、ゴムありの車輪と交換しました。


ゴム付きだとその分集電機能が低下しているのではないかと思ったのです。

牽引力低下は致し方ないとしても、元々まともに走行できないのですから、まあ、いいとしましょう。(汗)


試走したところ、効果はてきめんでした。スムーズとは言えないまでも、途中で走行不能に陥ることはほとんどなくなりました。(*゚∀゚*)



この車両、四国での最末期、更新仕様にしたいと加工していました。ベンチレーター撤去、水タンク撤去、トイレ小窓のモールド撤去、妻面小窓埋め、乗降扉明り取り窓埋め、ジャンパー栓取付…。とチマチマした加工を施し、ようやく見られるレベルになりました。


元々の塗装を生かしたかったため、マスキングして加工箇所のみエアブラシ部分塗装です。

近似色を選びながらの塗装でしたが、ブルーはそのまんまクレオスのスカイブルーがいい感じ。


ホワイトは定番のGMの小田急クリームを使いましたが、こちらは今ひとつしっくりときませんでした。


車体色とちょっとマッチしない箇所が残ってしまいました。σ(´┰`=)


本当のことを言うと、前面の通風口や雨桶の切除、タイフォンの暖地型への変更、側面のバランサー点検口の撤去、元トイレ下の点検口取付などがまだ必要なようです…。



相方のキハ65は車内塗装とジャンパー線を取り付けたぐらい。

まだ車番も入っていませんが、少しずつ少しずつ先 手入れしていきます。(^_^;)






ところで26日未明より、関東方面に向け、18きっぷダラダラ旅に出かけます。


行く先々でたびたびレポート上げて逝きます。

お暇な方はお付き合いの程、お願いいたします。m(_ _)m



にほんブログ村

キハ54のTN化の話。【マイクロ製キハ54四国色】

マイクロのキハ54です。

しまんトロッコと合わせ入手しましたので、今日はマイクロ車恒例の台車分解、中華グリス除去、そして試走とお手入れしているところです。

 

カプラーなんですが、ジャンパー線のリアルなトミーのキハ40系四国色のもの(JC6365)が付けられないかなぁ、と思案していましたが、加工無しでは取り付けられないので、汎用の密自連0337を取り付けました。

 

ウチはどちらかと言うと走行重視派ですし、車体にもカプラーにも加工を施したくない、と言う判断からです。(^_^;)

 

でも、ジャンパー線くらいは小加工で取り付けてみたいですね。

しばらく考えてみます…。



にほんブログ村

色の解釈【広島電鉄900形】

 

広島電鉄900形の2両目ですが、いろいろとwebでクリーム色の色彩を調べているところです。自分の印象としては1作目の通りの「黄土色」なんですが、いくつかの写真を見る限り、もっと「国鉄特急色」のようなクリームに見えます。

 

広島電鉄900形は幼少期に「白島線」で一番馴染みのある車両。

やはり、自分の印象に近い「黄土色」っぽく重ね塗りしてみようと思います。

 

ただ、1作目とはほんの少しだけ違う感じに…。

 


にほんブログ村

プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
762位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。