レジンでこんなものも!(コンテナ製作その1)



飽くなき挑戦が続いています。実用レベルにはまだまだですね。
まあ、解決方法も頭の中にありますので、何とかしていきたいと思います。



DSCF3112.jpg

ウイングコンテナはまずまずの出来ですが、レジンの回り込みももう一息で、細かいところに気泡があったり、型のズレ、ゴミの付着から出る跡があったり・・・。現在、目下修正を試みています。


DSCF3110.jpg
こちらは思いっきり失敗です!
失敗も皆さんのお役に立つことと思い、恥ずかしがらず掲載するのがウチのモットーですんで・・・。(((^^;)
スポンサーサイト

レジンでクーラーの複製(3)

みなさんこんばんは!みぬ鉄です。
型どりは終了したので題は変わりましたが、続編です。なので(3)とさせていただきました!

型の様子です。ウラ、オモテともにうまく型どりができたと思います。
DSCF7131.jpg
クーラーのオモテ、ウラを重ね合わせたシリコンゴムの型です。これにドボドボとレジンキャストを注入します。

DSCF7136.jpg

そのまま注入して、硬化を待ったあとの失敗作です。写真でもお分かりの通り、レジンが廻り切っていなくて所々穴が開いてしまいました。(滝汗)
一応、種類別に全てのクーラーにレジンが廻るように、空気の排気口もかねて全てのクーラーがつながるよう、ゲートを刻んだのですが、そっとしたままではこのような状態になりうることが判明。

ちょっと強引ですが、次からはレジンを注入後、型をもみもみしてみました。


DSCF7137.jpg

で、できたのがこの部品です。うまくいっているように見えます。
よく見ると微細な気泡が一部残っていますが、とりあえず実用レベルと判断し、同一手法で増産に踏み切りました。


DSCF7135.jpg

丁寧にカットして元のクーラーと並べてみました。多少の歪みはあるかも知れませんが、モールドのディテールは許せる範囲と判断しています。

DSCF7143.jpg

で、何回かレジン注入を繰り返し現在のところこれだけ製作しました。

DSCF7144.jpg

話題が変わりますが、ちょっと息抜きです。こんなものが当鉄道にも入荷しました!

プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
812位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる