スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイヤーっと手抜き。【阪急5300系】

 

ボディ塗装。阪急マルーンは手元になく、購入も通販頼みになって時間がかかりますので、調色して自家製塗料で吹いています。

 

 

イメージはウチが保有する他のKATO製、GM製阪急電車に近づけること。

 

写真はGMの7300系との比較です。細かいことは気になりますが、多分、クリア塗装してテカテカになれば違和感もなくなるだろうと楽観視してます。(笑)

最初は艦艇色をベースに赤2号、暗緑色(中島系)を少々混ぜましたが、マホガニーみたいな色調で、今ひとつ紫と言うか赤味が足りないと思ったので、上からガイアの「コンテナレッド」をごくごく薄く溶いたものをサーっというくらいに吹きました。

 

 

貫通扉は…。マスキングが面倒だと思ったので、下の写真ようにマスキングで一回使ったものを何度も使い回し!(爆!)

手の甲に引っ付いているマスキングテープがソレ。

 

コレは本当にいい加減な邪道と分かっていますが、製作に費やせる時間も限られていますので、必殺の「エイヤー工法」です。(^^ゞ

 

どのみち、ウチの技量では本格的に全部マスキングをしても、それなりの吹込み、はみ出しは予想できます。

 

あとからタッチアップは当然ながら必要になりますんで、「修正すればいいや。」と割り切っています。

 

さて、次は一番の苦行、サッシ枠の塗装です。(^^ゞ

スポンサーサイト

エコノミーでないエコノミーキット?【阪急5300系の製作】

阪急7300系がだいたいまとまってきましたので、お次は阪急5300系を作ってみようかなと。

鉄コレ限定品も出ていたようですが、今更なタイミングでは、ちょっと手が出ない金額…。

 

阪急電車はどの形式も更新工事の前後などで、細部に個体差があるようですね。

実は本物のことをよく知らないので、一生懸命WEBで調べて、5324Fが一番簡単に出来そう、という結論に。

 

このGMのエコノミーキットは手軽に製作を楽しむことができますが、キット同封の床下機器が本物とは全く違いますし、車体寸法も怪しいようです。(寸法についてはあくまでも主観ですが…。)

 

まぁ、細かいところはあまり気にしない方向で、仕上がりだけはキレイなものにしようと考えています。

 

なんだかんだ言って、動力やパンタ、台車も必要ですから、「エコノミー」ではなくなってくるのでしょうけどねぇ。(^^ゞ

 

次作の情景作品について、お友達といろいろな意見交換をさせていただいておりますが、何ともいいアイデアが浮かびません…。

 

なので、今はちょっと情景からは距離をも置いて、車両工作の楽しさそのものを思い出しながら楽しんでいるところです。(^^♪

阪急7300系の続き

今週もジャンクのGMキット「阪急7300系」のリメイクを続けています。

 

車番やコーポレートマークは手頃なものが入手しづらいので、MDプリンタでデカールを作成します。

ちょうど国鉄フォントが近似ということらしいので、フォトレタッチソフトで編集します。

 

デカールシートに印刷したものが上の写真のものです。

シルバーメタリックもそこそこ表現できます。

 

白の表現もまあまあ、といったところでしょうか?

このようにMDプリンタは単色ならそこそこイケそうな気がします。どちらかと言うと、カラーの表現の方が独特の粒状感がが出てしまい、再現は苦手なようです。

 

 

クリアを吹きます。阪急電車といえばやはりツヤツヤな美しいボディー。スーパークリアをいつもより少し薄めにして、表面が濡れるような感じに吹きました。これを3回繰り返します。

 

元通り組み上げて早速走らせて楽しんでいます。

動力はKATOの阪急6300系のものを小加工で使いましたから、床下機器などは本物とかなり違います。

 

そのうち手を入れたいと思っています。^_^;

とりあえず生きてはいるけど…。

年度末、本当に忙しかったです。

やっと新年度スタート。

阪和線の205系は小休止。

今はコレです。

某オクで大量に出回っていたジャンクの阪急電車です。

ほぼほぼ素組で、車番や阪急マークインレタは無し。

 

したがって、パラパラにバラして屋根のスキマ修正や再塗装などを行っています。

 

 

クーラーは再塗装の後、エナメル塗料のジャーマングレーで墨入れ。

 

 

一部の車両にベンチレーターが付いていなかったので、プラ板で自作造形中です。

仕上がりはあまり期待できないと思いますが、愛情込めて「エイヤー品質」でのリメイク中です。(笑)

205系やら何やら

なかなか忙しい時期になってまいりましたので、早速本題に。

 

屋根はクレオスの軍艦色(2)をチョイス。粒状感を出すために希釈は濃いめにしてエアブラシで吹きました。

 

元々半光沢の塗料でしたので、ちょっとツヤ感があるのが嫌だったので、あとからフラットベースを薄めに吹いて質感を整えました。コレは案外うまくいったと思っています。

 

で、マスキングしてライトブルーを吹きました。

奈良転属の話は知っていたのですが、その後の動向もよく分からないまま作業を進めてしまいました。

 

緑帯になったら、ガーン!ショックですね。^_^;

 

中間車のルーバー埋めがまだまだ甘いですね。

 

この手の作業は嫌いではないですが、苦手です。

 

今、せっせと溶きパテを塗っては削り、修正を加えているところです。

後悔だけはしたくないので、そこは納得いくまで続けようと思っています。

 

 

こちらは窓埋めの練習を兼ねて。

四国1000形の余った側板を利用して、7000形でも作れないかな?と見切り発車な作業。(笑)

 

ビートや窓枠の部分をよけてヤスリがけするのはとても面倒なのですが、だいぶ感覚が掴めてきました。

 

やっぱりキット製作は楽しいですね!

プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8574位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1047位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。