東予地域文化祭(4)

Sさん作の御茶ノ水周辺です。

どうこう言う前に…まずは写真を!

 

 

 

 

 

あ~!もっと写真を撮っておくんだったとひたすら後悔!

多分、雰囲気は伝わっていると思いますが、現地の様子を上手く表現されています。

 

実景を模型化するにあたり、どうしてもスペースの問題や安定した本線走行の保証のため無理が生じるものなのですが、様々なアングルから現地の様子を再現するために、一部は上手にデフォルメしつつ、製作されています。

 

お客様の中に現地をよくご存知の方がいらっしやり、興奮気味に「製作者の方とぜひお話したい!」とおっしゃっていました。

 

かなり忠実に再現されていると喜んでいらっしゃいました。

都会の風景をこのように凝縮して正確に再現されるのは、作者さんのセンスのよさだと思います。

 

製作技術そのものもですが、情景のプランニングと言う点で、ものすごく秀でた作品だと思います。私にとっても、衝撃的で勉強になる作品の一つでした!

スポンサーサイト

東予地域文化祭(3)

東予地域文化祭に出展された作品のご紹介、続編です。

 

その前に…。作品名、出展者名の載ったパンフレットを失くしてしまいまして…。

 

記事に何か誤りがありましたら、遠慮なくお知らせください。

 

Tさんによる出雲大社前駅です。現在の姿が見事に再現されてます。

私もいつかは製作してみたいと思っておりましたので、拝見してすぐさま「あっー!!」と声を上げてしまった作品です。

当然ながら、模型化のために現地の取材は済ませておりましたので、細かなところもよく存じておりましたが、とても見事に再現されております。(脱帽)

 

やはり朱色のデハニは良いアクセントになりますね。(^^)v

 

うーん、全景を撮影するのを忘れていたようです…。とても残念。

でも、雰囲気だけでもお伝えすることができましたでしょうか?

 

出雲大社前駅の駅舎は屋根の形状に特徴がありますが、キレイにカーブを描くのはとても難しいと常々思っておりました。

 

「どうやって屋根を製作されたんです?(@_@)」とお聞きしたら、何と手芸店で布を購入されて…ということで…。

 

目からウロコでした!

東予地域文化祭(2)

ここからはしばらく東予モデラーズサークルメンバー諸氏の作品を紹介していきます。

今回はMさんの作品のご紹介です。

 

鉄道模型ちゃんねるでも出ていた「センメリンク鉄道、カルテリンネ橋梁」をモチーフに製作されたようです。

 

日本の何処か山岳部にも見られるような感じにアレンジされてます。

 

むむむ、やっぱり!

この方の作品は人形配置を中心に細かな演出をされているのが特徴です。いいところには撮り鉄の姿が。橋を臨む絶景ポイントなのでしょう。

出展作品の中でもっとも高低差があり、下から走行する車両を見上げる楽しみもあります。シーナリー全体も落ち着いた色合いでとても自然な感じてまとめられていますね。

 

 

 

もう一つ、別のところに同氏の小さな情景作品が飾られていました。小私鉄の風景。架線も張られていて、目線を下げるととてもリアル!

ひとりラッピング祭り【広島府中】


ちょっと遊んできました。(^_^;)

やはりポポンデッタの貸しレはそこそこ安定した走行が楽しめますし、いいですね!


にほんブログ村

亀屋さんで~!【大阪プチ旅行】

16番のキハ32の完成品を拝見しました。

やはり、迫力が違う!

しばらく考え込んでいましたが、貯金していつかは手に入れたいと…。

あとはトレインワールド後の走行チェックを兼ねて…。(^_^;)

プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
722位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる