エコノミーキット万歳!【気まぐれに阪和線205系製作】

実は仕事で関東に行っておりまして、昨日無事に帰宅しました。

 

へのへのもへじさん、楽しいひとときをご一緒できて、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

 

 

 

ついでに現在製作中の「リトルトーキョー」のプロトタイプを取材。

 

以前から気になっていた場所ですが、現地を訪れてみるともう、興奮して鼻息が荒くなってしまいました。(^^ゞ

 

 

完成にはまだまだ時間が掛かりますが、じっくりと取り組みたいです。

 

ところで、秋葉原では、かねてから考えていた車両の製作をと、バルクパーツを少々購入しまして…。

 

205系の1000番台阪和線です。

みぬ鉄ではかなり昔に、レイルロードの121系を製作するためにGM205系エコノミーキットを大量に仕入れていました。当然ながら側板がダダ余り。屋根と前面、床下機器パーツだけ使用していました。

 

そこで足りない部品を調達して製作に取り掛かりました。

 

 

でも…。肝心の1000番台の前面を一つ121系に転用していたようで…。

中桟を切り取った0番台の前面しか残っていませんでした。(苦笑)

したがって0番台の前面を改造して1000番台の前面にしようと画策。

助手席側を広げるために、バリバリ切り取ります。

 

 

で、0.3mmプラ板で中桟を誤魔化し…。

 

 

何とかして組み上げた次第です。(^^ゞ

 

 

で、ライトは点灯化を見越して穴を開けました。

 

 

現在の姿である体質改善仕様にするために、貫通扉を撤去します。

 

 

ちょっとノリシロを残しています。あとでプラ板で自作しようと思っています。(本当はエッチングパーツで行きたいけど、予算がねぇ。)

 

 

中間車のルーバーは1000番台にはないらしいです。

サーフェーサーを塗って埋めます。下地処理の段階で、埋まり具合を確認して仕上げるつもりです。

 

 

ところで…。

ここまできて、ミスを発見!

 

ウェブで製作例を検索して見ていたのですが、205系の中間車の側板には2種類あることを知りました。

  

そうなんですよ。側板のドアコックの位置の間違えに気付きました。

余剰の側板パーツは大量にありましたので、間違えるのも無理はありません。(ToT)

 

 

写真の通り、一度接着した組み立てた車体から、向きの間違えている側板だけ取り外し、正規の向きのものを取り付けました。写真の側板は取り外したエラー部品。角にダメージがありますが、妻面、屋根共に無事ならオッケーでしょう。(滝汗)

 

この時考えて思い付いたのが、強固な接着面からパーツをできるだけ破損せずに取り外す方法。

 

それはエナメル塗料のうすめ液を塗布することです。

 

エナメル塗料で墨入れをしていて気付いたのですが、接着面がもろくなりますね。酷いときにはパーツごとボロって。

 

エナメルシンナーは接着面を侵すみたいですね。それを逆に利用してみました。

 

まぁ、こんな感じで連休を「つくる楽しみ(苦しみ)」を味わっております。^_^;

 

スポンサーサイト

新作、その名も「リトルトーキョー」(笑)。

寒い日が続きますね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

少し作業する時間を見つけては、ぼちぼち製作を楽しんでいます。

 

ここ数日、写真のような600×120ほどの「展示台」のようなモジュールを製作しています。

 

高架下のアーチ部分はと言いますと、板目紙ですっ!

仕事で大量に余りが出て、「捨てるならもらいます!」って感じで大量に引き取ってきました。

 

イメージは「東京、神田の中央線高架下」。少し自分の空想も入れますので、テキトーに「リトルトーキョー」と命名しました。(^^ゞ

 

 

高さ3cmに板目紙をカットして…。

 

 

図面を引いていきます。アーチの弧は塗料皿。あんまり細かく考えずにガンガン進めます。久々の「エイヤー!」ですね。

 

 

カッターナイフで丁寧にカット。

コレは「エイヤー」でなく、指先の感覚をフルに尖らせて。キレイにカットできないと後々仕上がりに響きますから。(笑)

 

 

柱を瞬間接着剤で貼り付けます。

実は、反対側のもう片方はそこそこ作業進んでまして…。

 

 

こんな感じです。

 

 

レンガ模様は写真のように、茶系3色ぐらいのチマチマ模様です。

キッチリとした表現ではありませんが、遠目に見れば「それなりに」見えます。

 

 

これも少しずつですが、テナント作りも進めています。GoogleMapのストリートビューを見ながら妄想を膨らませてやっています。

 

やっぱり情景製作は楽しいですね!

創る楽しみをもう一度【ミト座ふれあい】

以前、(と言っても、だいぶ昔のことで、いつか忘れましたが…。)手を付けていたスロ81系「ミト座ふれあい」もどきのリメイクを。

 

 

実は、いくつかの車体が行方不明でして、ようやく部屋のすみっこの菓子箱の中から発見!続きの施工と相成りました。(滝汗)

 

 

塗装は嫌いではないですね。緑のライン一つだけの塗り分けですし、そう苦労はしませんね。

 

問題はサッシの塗り分け。やっぱり何度やっても腕が上がりません。(涙)

製品ですと別パーツでスッキリ仕上がるんですけどね。(ToT)

 

 

塗装が済んだだけで、床下も仮組みの状態。細部も仕上げていませんが、レールオン♪

やっぱ、ロクゴーPFが似合いますねぇ。

 

ところで、純正のアーノルドカプラーのままだとメチャクチャ広い車間が気になりましたので、GMナックル(短)を取り付けてみました。

 

 

 

ご覧の通り、車間は詰まりましたが、車体と車体がカーブで接触しますね。^_^;

 

GMナックル(中)辺りがいいのでしょうが、入手できていないので、またそのうちに。

2018工作はじめ!【新年のご挨拶】

無事に何事もなく、自宅で年を越しました。(^^ゞ

 

皆さまあけましておめでとうございます。

昨年は後半より当ブログ、投稿できないことが多くご心配をおかけしました。仕事はなかなか忙しいのですが、健康面は何も問題なく(と言うより、実年齢より若い状態と人間ドックでも言われました。←精神年齢もかねぇ(笑))むしろ元気そのものです。

 

本年一発目の記事は…。

 

コイツでございます。

ひょんなことから、某所より車体1つ100円で引き取ってきました。113系40N。

 

いわゆる、B級品ですね~。

 

片方のタイフォンが無かったので、GM純正パーツを購入し、取り付け~。

 

窓ガラスも仕入れましたが、先頭車用は無く、今後工夫が必要です。

 

また、屋根パーツも欠品。103系のを削って入れられないか、今日これからちょっと作業してみます。

 

下回りはカトーかトミックスの余剰車両からどうかな?

 

あと、プロトタイプはどうするんやろ?

ヒロヤスさん、ご助言よろしくお願いいたします!(笑)

 

東予地域文化祭の作品紹介はダラダラ更新で越年となりましたが、まだまだ素敵な作品があります!

 

随時、紹介していきますので、楽しみにしていてくださいませ。

 

にほんブログ村

東予地域文化祭(6)

東予地域文化祭、6回目の記事になります。

松本零士さんがデザインしたといわれる、ヒミコ!

作者のTさんの作品は、そのスケールの大きさとスッキリとした情景のまとめ方に特徴があると感じています。

 

ものすごい数の窓は1つ1つマスキングして塗り分けたそうです。とてもキレイに塗り分けられています。豪快な波しぶき最高!

 

船はもちろんのことですか、水面の表現もとてもリアル!

いつも木工用ボンドを使っていらっしゃるとか。

 

水面の表現にはメディウムとかリアリスティックウォーターを用いるのがベターと思っていた私なのですけれど、本当にこれは脱帽モノでした。

木工用ボンドでここまでリアルにできるのなら、「木工用ボンドで充分じゃん。」と思わされました。(^^ゞ

  

 

この変電所は元のキットいくつ使用したのでしょうかね…。

かなり大きく作られています。

実際にはこれぐらいの規模のモノが多いようですね。

 

 

川の隣の駅はトミックスの木造駅舎が。レイアウトプラン集を眺めてニヤニヤしていた子どもの頃を思い出します。

 

駅舎周りもとてもスッキリとしています。

「あれ?Tさん、腕があるのに、なぜ、もっと作り込まないの?」と言う話も聞こえてきましたが、「バスや車を自由にたくさん並べられるように、あえて白線などはしつこくならない程度で…。」とのお話でした。

なるほど、それはそれでアリですね。また、どんな車やバスを置いても違和感を感じないように、あえて場所を特定できるような表現は避けたという考え方です。 

 

これは某鉄道模型チェーン店の貸レイアウトにも見られる特徴。

 

私も本線レイアウトの手入れをしている時に、どんな車両を走行させても「違和感を感じない」作り方は大事だよなぁ、と思っていたところでした。

 

にほんブログ村

プロフィール

大スケ兵衛

Author:大スケ兵衛
四国風味の鉄道模型を鋭意製作中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3918位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
568位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる